20代で婚活に踏み切ったブログ

20代半ばで縁のない環境に見切りをつけて結婚相談所に入会しました。婚活のアレコレを綴ります。

婚活をはじめる編1:資料請求しよう

資料請求先

結婚相談所に申し込もうと思い立って、片端から比較のために大手結婚相談所を含め4社くらいに資料請求・説明アポをかけました。どこだかバレバレですが、あえて名前は出さずに特徴だけ列挙します。

・P社
最終候補に残った会社。U28割といって28歳以下は安いのが魅力だった。資料請求だけなのに担当者の顔と名前がわかるので、しっかりしていそうなイメージ。のように電話が来た。
・R社
成婚力なる診断を資料請求の入り口にしている某社。診断結果はA4の紙ペラ一枚なのでかなり粗末。P社以上の鬼電。1日3回くらいここからの電話が入るときもあった。
・Z社
P社の対抗的な感じで資料請求したが、正直全然印象に残っていないので、いまいちだったと思われる。
・M社
IBJ加盟の小規模な結婚相談所。最終候補に残って、鬼電が来なかったことと、口コミの良さ、男性にエグゼクティブ向けのプランがあったことにより、ここで契約。

 

資料請求時点で何を見たか

・費用
当たり前だけど、初期費用と月会費、成婚料の総額。
お見合いごとにお金がかかるところもあるので、忘れず勘定に入れました。

・サービス内容
マッチング方法がどうなっているのか、など。R社は意外と古典的で、会報みたいなのに掲載して、そこからマッチングするというのもやってました。方法が昭和っぽいので印象はいまいちでしたが。

・対応
契約後にそっけなくなりそうな気配のするところ、そのような口コミが多く見られたところは除外しました。鬼電してくるのも新規獲得に忙しすぎて入会者のサポートをきちんとやっているのか不安になるし、なにより怖い


口コミで参考にしたところ

xn--eck7a6c577upzt.net

サイト運営側が口コミを選んでいる気配がなくて、本当に利用した人の声が分かる(ように感じる)のでとても役立った。ほんと大事。

わかったこと

結構割引が多い。
相談を申し込んだり、資料請求で"日付限定の"割引が入ることが多いので、
ネットで調べられる定額で費用比較するよりは、口コミやマッチングシステムである程度候補を絞って、短期間で候補の会社に資料請求・説明をすませ、各社の割引後の金額で比較したほうが費用を正確に検討できます。

 

というわけで今回はここまで。次回は実際に行って説明を聞いてみよう!の記事にします。