20代で婚活に踏み切ったブログ

20代半ばで縁のない環境に見切りをつけて結婚相談所に入会しました。婚活のアレコレを綴ります。

婚活をはじめる編2:説明で聞いた辛辣な事実「男性が重視するのは○○と○○だけ」

さて、資料請求が済んだら、よさそうなところにカウンセリング(説明)に行きましょう。カウンセリングではどんなことをやってくれるのか、どれくらいの時間が掛かるのか気になるところ。私の場合について説明します。

 

1.自分のプロフィールとお相手への希望を記載
ここで書いたのは、自分の名前・年齢・住所(都道府県)・職業・年収と、
お相手に希望する年収・年齢。

2.結婚紹介所の説明
システム、料金、サービス内容など。

3.実際のお相手候補のプロフィール閲覧
見られるのは顔写真・年収・年齢・職業・居住場所のみ。実際の検索システムで検索できる。「詳細を見る」ボタンは押さないでくださいと言われた。印象としてはそんなにひどい顔の人はいないイメージ。

4.自分と同条件の同性のプロフィール閲覧
要するにライバルとなる同性のプロフィール。こちらも見られるのは顔写真・年収・年齢・職業・居住場所だけ。高学歴の人が多い印象。

5.質問
この時点で解決できなかったことを質問。

 

質問したこと

男性は何を基準に選別することが多いですか?
「個人差があると思うんですが」と前置きして質問したのだが、「ほとんど全員同じです」と返ってきてびっくりした。

その条件は、
美人で30歳以下。

 ……。
「例えば40歳くらいの男性なら、32歳くらいでも可!…ということはないのですか」と聞いてみたら、「いえ、35歳の方でも40歳の方でも、みなさん口を揃えて30歳以下を希望されます」とのこと。
思っていた以上にシビア。「女性の学歴や年収を気にされた方はいないですね」。
とにかく若くて美人ならいいと…。世知辛。

 

婚活についてなんとなくわかったこと

ある意味恋愛結婚以上にシビアかもしれない。
お見合いというとおばさんが次々と写真を持ってくる、というイメージだったけど、最近は検索システムがあるところがほとんどだ。

つまり、相手側男性が30歳以下と希望を出したら"30歳以下しか表示されない"。

31だから許容範囲とか、きれいだからオッケーとかではなく、30歳以下の中で結婚相手を探してしまう。

つまり女性は30を越えたら土俵にすら上がりづらくなる。
そして年齢で土俵に上がったら容姿が勝負。。

ところで逆は?

もしかしたら「男ってほんとサイテー」という人もいるかもしれないので一応書いておくが、
女性の場合、お相手の年収しか見てない人が結構多く、「年収1000万」を本気で提示する人もザラにいるという。いるとは知っていたが普通にいるらしい。それでいいのだろうか。まあ、男も女もお互い様というわけで…。