20代で婚活に踏み切ったブログ

20代半ばで縁のない環境に見切りをつけて結婚相談所に入会しました。婚活のアレコレを綴ります。

結婚相談所に向いている人・そうでない人

 まだ何も決まってないし何かあったらまたイチからのスタートなので偉そうなことはまったく言えない立場にはあるんですが、結婚相談所で活動したことをもとに、「結婚相談所に向いている人とそうでない人」がなんとなくわかったので、記事にしてみます。

婚活のサービス選定

婚活、要するに「結婚したいけど相手が居ない」の状態から相手を探す方法については、現在いろいろなサービスが存在します。パーティー、マッチングアプリ、マッチングサイト、まあ調べればこの辺は山ほど解説が出てきますので割愛しますが、いろいろなサービスがあるなかで、自分に合ったサービスを選ぶというのはかなり重要だと思います。その中で結婚相談所はいちばんコストがかかるサービスです。私の場合初期費用*だけで月給が吹っ飛びました。それくらいコストがかかるからこそ、誰しも「登録したけどいまいちだった…」というのは避けたいでしょう。

*:初期費用=入会金、月会費半年分の前納など

大前提として

結婚相談所はコストが高いから結果も良い、つまりお金を出せばいい相手と会えるはずというのは幻想です。お金を出せば出すほどいい人と出会えるわけではありません。そんなことはお金でどうにかなりません。お見合いは簡単でもありません。新しい人と会いまくるわけですからそれなりに大変です。
あと「年収があれば、もしくは医者なら、社長なら余裕でしょ?」と調子こいてるおじさんは大体雰囲気で察知されます。お金と結婚したいお姉さまなら捕まるかもしれませんが、そういう人なら相談所でなくても捕まるんじゃないですか(投げやり)。

結婚相談所の特徴と向いている人

私は女性なので女性目線でまとめますが、逆の視点から見ればどういう男性に向いているサービスなのかが自ずと分かると思います。

・比較的年収が高い、もしくは安定している人がいい
他の婚活サービスと比べて高年収の男性が多い傾向にあると思います。ちなみに源泉徴収票のコピー提出必須の相談所がほとんどなので年収詐称はしづらいです。これは先に述べた初期費用が高いからというのも関連していると思います。日常生活で精一杯な人はまず登録できないと思うので。
比較的性格が真面目で安定した生活を送っている方が多いです。そういう方と結婚したい女性に向いています。

・口下手
話さなくても自分からアプローチができる(申し込みができる)ので、口下手な方に向いてます。登録されている男性も女性との会話に不慣れだったり、そもそも会話にあまり自信がなさそうな方は多いです。もちろん普通に話せる方もいますが、プロフィール上ではわからないので、おしゃべりな人が好きな方は苦労されるかもしれません…。

・女性慣れしていない男性がいい(奥手がいい)
男子校もしくは理系大学→男性多の職場配属→出会いなし、のパターンが多いです。
ついでに言うと男性のみのきょうだいで構成されていることが多いです。

・気が利く男性でなくてもいい
前の項目に関連しますが、理系だったり男性ばかりの社会で長く生活していて女性のことがよくわからない場合、気配り・察する・褒めるなどの行動が壊滅的にできません。したくないわけでも乱雑に扱いたいわけでもなくそもそもわかってないので悪気はないです。なので、そこで憤怒したり不必要に気にしたりせずに、「こうしてほしい」「私はこう思っている」を発信できる人でないと、関係性の発展は難航するかもしれません…。え?「でもやっぱりスマートな男性がいいんだけど」?

がんばって育成してください。

・長男でも可
長男率高いです。

・写真で勝てる自信が(それなりに)ある
ルッキズムではなく、相談所において初期判断材料に見た目しかないからです。会う相手を探すときに年齢と居住区などの最低条件は絞って検索をかけるわけですから、あとはその中で顔がかわいいとかきれいとか雰囲気がいいとかそういう要素で決めるしかありません。見た目より性格のほうがもちろん重要ですが、性格は会ったあとにわかるもので、活動のスタートはまず会ってもらうところからです。
無差別に同年代10人と並んだときに点数化したら半分より上に入るはず…、くらいなら申し受けだけでもなんとかなるでしょう。半分以下だと思う方は自分からどんどん申し込みをしないと難しいかもしれません。

・条件で勝てる自信が(それなりに)ある
前項に引き続きますが、そもそも相談所で相手を探す際に絞られがちなステータスがあります。代表的なのは年齢ですが、そういった絞られやすい部分で自らが除外されにくいステータスであるかどうかは重要だと思います。これも前の項目と同じくもし条件で除外されがちな場合は自分からどんどん申し込みをしないと難しいかもしれません。

・休みが土日固定
シフト制の場合、土日固定休の人とお見合いを調整するのが難しくなります。そうなると、「この人と継続して会うのは大変そうだな」と思われてしまい、交際に繋げられない可能性があります。
それ以外にも、相談所にもよりますが日程調整まで3営業日程度はかかるので、先の予定が埋まりやすい生活状況だとお見合いを組むこと自体も大変です。

総括

いろいろある婚活サービスの中で「最後の砦」と捉えられがちな結婚相談所ですが、結婚相談所が性に合う人にとっては最後の砦にする必要はないと思いますし、あくまでも真面目に結婚したい人と短期間でたくさん会えるサービスですので、無茶な期待をしすぎないことも大事だと思います。

 

私はスーツ萌なのでその点でも結婚相談所はよかった