20代で婚活に踏み切ったブログ

20代半ばで縁のない環境に見切りをつけて結婚相談所に入会しました。婚活のアレコレを綴ります。

婚活実録編29:/ZERO(3w)

休日に1人申し受けからお会いしたものの、写真と印象に差があったのと、お話があまり盛り上がらず。仮交際に進むかどうかの基準「次も会いたいか」を考えたところ「次会う気は…ないかな…」だったので見送ることにしました。

わたしの活動方針としては申し受けよりも申し込みがメインなので、申し込みからお会いできる確率があまりよくない今、どう活動していったらいいのかというのが悩みどころです。申し受けから会えばいいじゃん!と思うかもしれませんが、会ってみてこういう結果だったりするとやっぱり申し受けはいまいちなんだよなあ…と思ってしまったり。
申し受けから仮交際に発展した方がこれまでいないので、やっぱり自分が会いたい人に会っていくのがベストのような…って受けてくれなきゃ申し込んだって意味ないんですけどね!!!!!

 

なんの話でそう言ったのか忘れてしまったけれど、「チャンスの神様には前髪しかない」という諺を言ったら元本交際の相手が「…後ろ髪もある人がいい」と言ってました。いや私だってチャンスの神様に後ろ髪欲しいよ!そらハゲはイヤだよ!!
私はチャンスを逃したらいなくなってしまうぞ、という意味のことを言いたかったわけではなかったのですが、相手からしたらチャンスの神様と私自身を掛けたと思ったらしく。まったくもってトンチンカンすぎて笑い転げました。

チャンスの神様には前髪しかないと言って石橋を叩かずに走り渡ってきた人生でも、チャンスの神様だと思いきや貧乏神で橋が崩壊し困り果てたすえに泳いで戻ってきたことも多々ありました(前にも書いてますが)。今は気力体力ともにあるのでそういうことが起きてもなんとかなっていますが、この先の人生、気力体力は年々目減りする一方なわけで、そう考えると「いや、あれはチャンスの神様じゃない可能性もあるよ、もうちょっと決断は待とうよ」とか「橋崩れたらどうする?」と言ってくれる人がいないとやばいのではないかと思っています。

ところでこの元本交際の人、活動の確認をたびたびしてきます。他の人と会っているのがイヤだとかは言わないけれど、明らかに言動が気にしている。「誰かに申し込んだ?」→はい→「何人くらいに申し込んだ?」→おおよその人数を言う→「えっ…多いね…」→「今週末は誰かと会うの…?」→お見合い予定がある→「(予定日の翌日)ファーストコール来た?*」

そんなに気になるならなんで仮交際に戻そうって言い出した!!!???

*:お見合いしてお互いOKで交際成立した場合、お見合い翌日の夜に男性から女性へ電話をかけなければいけない。これをファーストコールと呼ぶ。

お見合い予定があるって言った日からしばらく経ってもきちんと日程を覚えてたってことは相当気になっているんだと思います。なんせ私はお見合いすると言ったことすら忘れていたレベル。いきなり「ファーストコール来た?」と聞かれたのでびっくりしました。なんで知ってるんだっけ!?あ、はっきりではないけど「お見合いある~」くらいの軽いノリで伝えたっけ…よくそんなの覚えてたな!?と。
「気になるなら本交際のままにしておけばよかったのに」と言ってみても「そんなに気になってるわけじゃない」と説得力/ZEROだし、「会う(お見合いする)なら気になるよ」ってその前から気にしてたじゃん。

次デートしたときに「で、この前言ってたお見合いはどうだったの~?」と聞くならわかります。でもファーストコール来た?と聞くってことはお見合いの結果をかなり気にしていたってことなのでは。しかもなぜ私がOKする前提。思いつめすぎじゃない…?(へこんで心境を6000字も書いた人間の言うことではない)。

 ちなみに両親からのこの元本交際の人の印象が数字でいうと-114514ポイントくらいになっており、「意味わかんないし。そんなやつやめとけ」とほぼ毎日言われています。正直上記は私も意味わかんないので何も反論できません。私の方から仮交際に戻して考えたいと言いだしたかのような言動。。
友人も含め、自分の周囲にいる人は誰一人この本交際してた人との成婚をよしとしていないのは、私が正常な判断ができなくなっているということなのか?と思うときがあります。病識はないけれど病感があるのに似てるような。
しかし「この先の人生、愛猫・両親の介護や死別など大きなショックを受けるようなことが起きたとしても、多分その相手は一切気遣ってくれないけど、それでもいいの?」と言われても、はなからあまりそういった情動に関する部分では夫となる人に期待をしていないし、甲斐甲斐しくされるよりは勝手に立ち直るまでほっといてほしいので、あまりピンと来ないところがあります。むしろそういう情動的サポートは女性がよく重視する項目でありながら私があまり重視していないので、そういったことが期待できない・上手くない人を選択するのは全然間違っていないというかアリなのではないかなと思うくらいです。

これまでギャグみたいにボケとツッコミをお互いやっては非常にしょうもないことで笑ってお店の席を3時間ほど占領する相手なんていなかったし、私も自分自身が変わった人だという自覚はあるので(これは病識がある!)変人具合が同じくらいでちょうどいいんじゃないかと思うのですが。でもなぜわざわざその人を選ぶのか、と聞かれた際の回答がわかりません。特別ルックスがよいわけでも、性格がとてもやさしいわけでもない。※『思いやりがない』という意味ではなくこころづかいのできる人間』ではない。一世一代の大決心を前に相手の精神状態を慮るだけの余裕/ZERO。
それでもお断りすることもなく会っているのはたぶん、結婚とか将来のことを差し引いて、単純にそばにいるべき相手だと思っているからでしょう。

それは正常な判断力を無くしているからその結論なのか、もしくは通常通りの判断力でも同じ結論になるのか、今の自分にはわかりません。