20代で婚活に踏み切ったブログ

20代半ばで縁のない環境に見切りをつけて結婚相談所に入会→のち1年後に成婚退会したら今度は母が婚活をはじめました。婚活のアレコレを綴ります。

マッチングアプリはやっぱり結婚相手探しに使えないと思った話

以前書いたかもう忘れてしまったんですが、
結婚相談所に入る前、一時期ブライダルネットを使ってたことがありまして。
(ブライダルネットとは:IBJ運営のネット婚活サービス、ほぼマッチングアプリ


それをどうして思い出したかというと
夫も「結婚相談所入る前にブライダルネット使ってた」と言い出したからでして。

……いや、同じの使ってたなら
そこで出会えば安かったのでは??

と一瞬思ったのですが、ブライダルネットだとおそらく結婚まではいかなかっただろうなと思い直しました。
マッチングアプリだと効率が悪すぎるんですよね。具体的に挙げるとこういうことです。

 

  • 最初に会うまでが長い

会ってみないとお互いの相性や良さなどは見えてこないわけで、そう考えるとマッチングアプリはまず会ってみるまでの時間と労力がかかりすぎです。
お互いいいねしてメッセージができるようになってから初めてのデートに行くまで何度もメッセージのやりとりをしないといけない、かといってすぐ会うのも怖い。
と思って慎重にやりとりしていると途中でフェードアウトしてしまう人がいたり、苦労して会ってみたら写真と全然違って振り出しに戻ったり…。

  • 「ごめんなさい」が難しい

結婚相談所なら会ってみて「なんか違ったな」と思ったらお断りすればよいだけですが、マッチングアプリの場合は、会ってみてなんか違った場合にフェードアウトか既読無視しかないので、相手方の期待が高いとなかなか切りづらいところがあります。
この前の最強カーチャンに連日長電話した人みたいな雰囲気のときにしんどくなります。

  • あぶない

実はマルチもしくは宗教の勧誘であったとか、男性なら美人局でぼったくりバーに連れて行かれるとかです。女性だと身の危険を感じるようなことに遭遇する危険性も考えられます。

  • 嘘かも

上のあぶないに関連しますが、マッチングアプリの多くはプロフィール上の職業・年収・卒業大学等の記載に証明書が必要ないので、いくらでも嘘を書くことができます。例えば男性なら医者や弁護士、会社経営者など女性から人気の高い職業と偽ったり、女性なら美人の画像を無断で使用する・アプリで盛りまくるなどした画像でマッチングアプリを利用することも可能です。

  • 全員の目的が結婚とは限らない

最終的には結婚を見据えていたとしても、マッチングアプリは彼氏彼女を探している人も使うものなので、うまくマッチングしていい感じになったものの、最終目的が結婚の場合はタイミングや目的の部分でミスマッチが起こってしまう可能性があります。

  • 踏ん切りがつかない

相手が誰かと並行で交際(デート)していた場合に、結婚相談所であれば真剣交際(本交際)のしくみがあるので、"自分とのこれから"について一人に絞ってじっくり考えてもらうことができますが、マッチングアプリでは誰が管理しているわけでもないので相手がまだ誰かと連絡を取っているかどうかさえ確認できません。どれくらい自分が本命そうなのかも当然わかりません。カウンセラーによる第三者のフォローや仲介もないので疑心暗鬼になって爆死したり、片方はサブだと思っていたのに片方が本命だったりすると修羅場になったりします。

 

…というような感じで、ちょっと思いつくだけでもいろいろなデメリットがあります。

マッチングアプリは基本無料なことが多く、いつでも始められていつでも辞められるというお手軽さはありますが、彼氏彼女はともかく結婚相手を探すツールとしてはほぼ使い物にならないレベルじゃないかなと思います。今週のデート相手を探すとかならいいかもしれませんが…。

最強カーチャン、跡取りを要求される

いつの間にか年末年始を迎えていました。今年もよろしくお願いいたします。

 

さてシニア婚活に勤しんでいる最強カーチャンですが、うまくいっていた本命の人をなんとNGにしたと連絡が入ったので「おおおお荒馬ついに本領発揮かあああ」と慌てて詳しく聞いてみることにしました。すると、

 

『子供がほしい』と言われたそうで。

 

は?だって相手の男性70代だよね??70代でしかも子供いたよね???と聞いたところ、男の子供は複数人いるが、孫に男子がいなくて、もう新しく孫ができる見込みもない。つまり自分の家はここで途絶えてしまうのではないか?という焦りから結婚相談所に登録したそうな。
そして母と出会った。

『僕は子供や跡継ぎがほしい。

君の娘夫妻が自分の名字になってくれるなら本交際に進もう』といったらしいのです。

 

???????????????

 

どどどどどどういう理論じゃ。

私たちあなたに会ったこともないぞ??そして子供しかも息子ができるとは限らないのでは?????もしできなかったら??女の子だったらどうするつもりだ???

 

まあ、そりゃNGですわ。と思いました。

つまり跡取り(自分の名字・家を継いでくれる人)がほしいから子供がほしいといっているわけで、当然母はすでに子供が物理的に考えて産める歳ではないということを考えての妥協案らしい。そして母くらいの年代よりもさらに下、30代後半くらいの人にも申し込みをかけているっぽい雰囲気という。うおー、それは婚活ガチャ爆死おじさんのテンプレでは。70代でまだ子供つくれる気でいるのか…超元気だ……生涯現役なの…?

 

そういうわけで最強カーチャンの婚活は振り出しへと戻っていきました。

なんか、あれですね、シニア婚活も闇が深いなと思うエピソードがいろいろでてきますね。子供というより自分のDNAや戸籍的な意味での家の引き継ぎ先を壮年期の婚活勢よりさらに逼迫して求めるところに地獄みを感じます。カーチャンがめげていないことと、相談所のカウンセラーのフォローが適切なのが救いです。

 

と他人事のように考えていたら義母に「どう?子供、できそう?」と聞かれて焦りました。それは誰も知らないぞ!?。私よりもむしろ目の前の神様に聞く案件では?(初詣中に聞かれた)

自分と+50代(親世代+10代)くらい離れると、さすがにジェネレーションギャップを強く感じるなと思ったりした年始でした。

考え方や価値観が違ってもみんながハッピーに暮らせますように。

 

誤解されやすい結婚相談所でのあれこれ

はてこさんの結婚相談所の記事が、「なんかちょっと違うかも」と思ったので。

生鮮食品と婚活市場で違うのは、商品と違って婚活中の会員はデッドストックでも価値がある(月会費による一定収入が発生する)し、成婚料がない相談所の場合はあえて積極的に成婚に持っていかないことで会費をなるべく長く払ってもらうという戦略すらもあるという点だと思います。成婚しない人が延々と在籍していても経営上はデッドストックという認識にはならないのです。
では結婚相談所では一番何が重要かというと入会者増で、入会すれば入会金は入るし月会費は毎月収入予測が立つし、さらに成婚したら成婚料も入ることになるので、とにかく1にも2にも会員増を狙うのが経営上のスタンダードになります。

ここで思い出したいのは婚活のメインユーザーは女性であることで、セオリー通り行けば女性向け、しかも恋愛経験があまりない傾向の女性にマーケティングを仕掛けていくことになります。
そうなると、ウチは学歴で足切りして有名大学・大学院の方を集めておりますとか、医師・弁護士など士業の方に使われておりますとブランディングしていくと集めやすいことはあると思われます。私の完全な予想ではあるものの、IBJには専門学校卒の男性も一定数いたので、男性の学歴にこだわっているというのはあくまでも女性向けの入会案内の際の「安心保証!」みたいな言葉であって、大した意味はないのではないかと思っています。
そもそもIBJでは自分でプロフィール検索できるので、足切りのラインは比較的自由に設定できます。学歴で足切りしたい・したくないという個々人の女性の要求を男性の入会時に厳正に審査する必要はほぼない。はず。もちろん入会時のプロフィールの内容が事実であるかは確認しているはずですが。

入会条件の経済状況についてもおおむね上と同じ「安心保証!」みたいなものだと思っています。IBJにはフリーランスや自営業の方もいました。プロフィールの担当者欄に『フリーランスとして独立されていますが、安定した顧客先をすでに構築されておりますのでご安心ください!』と書いてあるなどしたので、あまり人気がないのかなと思ったことはありますが。
要するに経済状況の審査というのは結婚生活に耐えうる経済状況でない人は入会できませんよという意思表示ではないかと思います。そもそも家族が作れないような経済状況の人が結婚相談所で結婚を目指そうとは思わない気もする

他の細かい項目だと、親と同居して家業を手伝っているから、実家の離れに住んで一緒に家業を手伝ってほしいという条件で隣の隣の県から申し込んできた人もいたし(転職する気はないので迷った末に断った)、地方在住どころか船で全国を回っている職業の人も申し込んできた(迷った末にry)
持病がある、家族で信仰している宗教がある、奨学金・車や家のローンがあるというのもプロフィールで見たことがあります。「あるから入会できない」ではなく、おそらくは「入会するも苦戦」。どちらがいいのかはわかりませんが。

そもそもIBJ自体は「連盟」なので、私の中ではデータベースの名称に近い認識で、それぞれの相談所にいろいろな会員募集の手段があり、会員になることのできる規定もそれぞれ微妙に違います。IBJフランチャイズ開業でも展開していますので、IBJ名指しで「金持ちと高学歴しかはいれないっぽいけど、そこから溢れた人に結婚の資格がないわけじゃないしおすし」という趣旨の記事を書くのはちょっと違うかなと思ったりしています。

確かにちょっとくらいキズがあったり色づきが悪かったり形がいびつでも皮を剥いてしまえばおいしい桃はいくらでもあります。あるはずだけど、"自分の一度しかない(はずの)結婚の相手"に、不安要素がある人を選ぶのは難しい。それはリスクを取りたくないからというのもあるし、傷がある、傷物で妥協、市場にも出せない…そういうのはまやかしではなく、人からの評価を重要視する人にとってそれは盛大なリスクだからだと思います。生鮮食品なら風評被害。友達からどう思われるのか、家族からの評判は、そういったところを優先して、そこからさらに"いい人"を選びたい!という人が集まっているのが結婚相談所だったりします。婚活界隈になんとなく感じる地獄みというのはそういうのから来ていたりするのかもしれません。

あとこの記事は結婚相談所で誤解されがちな部分の結晶といってもよくて、基本的に結婚相談所では誰にでもお見合いを申し込みできます。そのため自分の条件に合わない人からも申し込みが来ます。たとえば自分の条件が身長170cm以上次男年収500万以上大卒33歳位として、相手が身長168cm長男年収400万専門卒37歳とかでもお見合いの打診は来ます。もっというと身長160cm長男年収800万45歳とかも来ます。そこからプロフィールと写真を見て、会ってみるか断るかは自分で選びます。
しかも大抵の場合プロフィールにはそういう細かい指定は書かないのが"お作法"で、私も相談所に提出した条件は「自分の年齢~40歳まで、年収300万以上、猫と暮らせる人」だったのが、相談所が作成した最終決定のプロフィールでは「優しい人なら嬉しいです」になっていました。どういう変換や?
話が逸れたけど、つまり結婚相談所での指定条件はそれ以外の人とは会わない・会えないというわけではなくて、自分から申し込むときのフィルタにすぎないのです。

他にもドレスコード・お見合い時は男性全額支払いなどいろいろなお作法があるけれども、これは正直テストや面接というより「じゃあとは自由にやってね」だと異性経験のない人が突拍子もない行動を取ってしまうのを防止する意味合いと、トラブル・相談対応にあたるコスト削減のように思えます。「1から服装の相談に乗るのめんどいからドレスコード決めとけ」「おごったおごらないでトラブル処理すんのめんどいから初回は男性が全額出すって決めとけ」みたいな。最強カーチャンの会った電話長すぎおっさんのように経験の無さによる致命的な行動ミスを繰り返すと結婚できる要素があっても結婚できない状態にずっとはまってしまうこともあると思います。そもそもそういう状態にあるからこそ相談所に来ていたりもするわけで、そこからどうにかして短期決戦で結婚まで持っていくことを考えるとスパルタちっくな教育や就活のようなルールを徹底していく必要もあるんじゃなかろうか。

 

夫からみて私の難点は両親が離婚していることと外見がそんなにタイプど真ん中ではないことで、私から見て夫の難点は背が低いことと決断力がないことでした。どちらも結構な難題ではあったように思うけどもなんとかかんとか今一つ屋根の下で暮らせているのは、お互いに一緒に暮らすにおいて前述の項目がそんなに問題にならないということに回数会うことで気づいたからだと思います。
これはその人に会う前からどうこうできる問題ではないです。たとえば夫とお見合いする前の私に「決断力が無い人もいいよ」といったところで「お前は何を言っているんだ」と言われて終わりだと思うし、私と会う前の夫に「両親が離婚している人も大丈夫」といったところで「どう考えてもめんどくさいからいやだ」と言われることうけあいです。とにかく会ってみてしばらく一緒に過ごしてからの話なんですよね。パートナーシップはそこからはじまるんだと思います。皮肉にも条件をつけあった同士で、自分の暗黙の条件・理想とはちがう部分が相手に出てきて、それでもまあ一緒にやってく気になることが第一歩なんじゃないかと。夫よりいい条件の人は確かにいたし、夫にも私よりいい条件の人はいたかもしれないけど、それでもお互いがお互いを選んだのにはそれまで構築してきた関係性があったからだという趣旨の話をしたときもあったし。

プロフィールでのぶん殴り合い的側面があることは否めないけど、けっしてそれだけではない、というのが結婚相談所だと思います。

カーチャン、くれない会入りを狙う

引き続き最強カーチャンシニア婚活です。

 

前回の長時間電話おじさんは相談所に文字通り相談したところ、
無事会う前にNGに切り替えられたそうです。
さすがに相談所のカウンセラーさんもドン引きだったらしく「今後は婚姻経験のある方をメインにしましょうか……」と言っていたらしいです。うん、それがいい。
カーチャンきれいすぎるから未婚の人はちょっとメロメロ(どう考えても確実に死語)になってしまうんだと思う。と娘が言うのもなんですが。

 そしてNEXT!と入国審査官のように次の方とお見合いしたカーチャン、このお相手が大学教授かつ兼業大家でもあり、自宅は誰もが知る高級住宅街の住所、しかも猫好きというカーチャンぴったりの人でした。聞いたときはなんだそのステータスはコバルト文庫のヒーローか!?と思いましたが、こういう人って世の中に本当にいるんですね(混乱)。

ただカーチャンから申し込んだというので、これはどうかな、と思っていたのですが、無事OKをもらってきました。ここまでカーチャンOKお相手NGなしという負け無しの戦歴はさすがの最強カーチャンです。

 

ちなみに、私のトーチャンのカーチャンの弟(私から見たら大叔父)は、同じく大学教授でして、トーチャンとカーチャンの仲が良かったころはよく食事に誘ってくれたりお家に呼んだりしてくれていたようです。その頃からカーチャンには教授夫人へのあこがれがあったようなので、もうこのままうまくいってください。まじで。くれない会*入りも夢じゃない!

*:『白い巨塔』で出てくる浪速大学医学部教授夫人会の名前。なおお相手は医学部の教授ではない(はず)。

 

 

 

カーチャン、残念おじさんを引く

けさ、カーチャンからLINEがあり、
先日OKになったと言っていた本命(?)の人をお断りしたいと言ってきました。

 

いきなりどうした!???ついに懸念していた荒馬の暴走か!???

と思い、 なにがあったのか聞いてみると、最初の電話から2時間近く電話されてしまい、「もう遅いから…」と切ろうとしても何か言ってきて切れず、昨日もさらに2時間くらい電話し、さらにさらに明日も電話してくると言っているらしい。

しつこいっていうかなおっさんだ……

カーチャンはそんなしつこさにプロフィールを見たときの期待感もお見合い時のまあOKという気持ちもどこへやら、すっかり嫌になってしまったそうで「デートに1回は行かないと断れないよね?もーデートが終わったら即お断りよっ!」という。
とりあえず今送ってきたLINEの文面を清書して相談所のカウンセラーさんに送っとけと言っておきました。カウンセラーさん、これはうちのカーチャンが荒馬だからなのではなく私でも無理からしっかり仕事してくださいね…。

いくらなんでもファーストコールから2時間電話はないわー。よっぽど意気投合してうちのカーチャンも「話し足りな~い!」と思っているならともかくとして、カーチャンはごらんの通りのドン引き。ちなみに書いておくとカーチャンは遠慮がちな性格でもしおらしいタイプでもないので、かなりわかりやすく「もう電話切りたい」という意思表示をしていたはずです。こりゃだめですわ…

そして、そもそもそんなに電話して何話してくるの?と聞いたら、どうやら電話内容は繰り返しが多いうえ、すべて仕事、要するに自分の自慢らしい。

あーーーーーもう言わせていただきますが、それが結婚できないポイントだぞおっさん!!!!!!!!!!!

 というのをオブラートに包んで導いていかないといけない相談所の人ってホント大変だなとしみじみ思いました。お疲れ様です。

f:id:milk-pitcher:20191114103531p:plain

女性経験が少ない男性がはりきりすぎると、どうしてこうなってしまうんだろう…

カーチャン、ついに本命とお見合い

母のシニア婚活コーナーです。

 

カーチャンついに本命と名付けた方とお見合いし、無事OKをもぎ取ってきました。
すごいよカーチャン…強いよカーチャン……

お相手の方は不動産関連の方で初婚だそうです。いやすごいよ。

でも何よりもすごいのは「どうだった?」の娘のLINEに「ちょっと老けてた」「親は死んでるけど相続で揉めてるっぽい」と返してきたことですよ。会話がどうだったかとか相手はOK出しそうな雰囲気だったのかを聞いとんじゃい!!!!!!

「で(カーチャンは)OKするの?」と聞いたら「まあ一応」ときた。
"まあ"、"一応"。余裕の構えです。

最初のお見合いから1時間をゆうにオーバーする長さで話してたそうなので、今後の仮交際もたぶんそこそこうまくいくでしょう。初対面でしかもお見合いで相続に揉めてる話ができるってことはだいぶ母に心を開いてる感じがありますし(過去それでなにか痛い目を見たので早めに言ってるのかもしれませんが)、うちの荒馬が暴走しない限りはまあ安牌とみています。

そしてあれだけ計画的に組むんだよと言ったのに「今月は休みの日は全部お見合い入ってるー」などと言っており、呆れています。疲れるし、そもそもそんな状態で仮交際の人といつ会う気なんだ。おいしいケーキ屋さんでも行きましょ~!って言っておやつ時間帯に誘導するのがベターかなとは言っておきましたが…

そんな感じで今のところは順調です。夫は「彼女はこれから始まることをまだ知らない……」と少年漫画の黒幕みたいなこと言ってて笑いました。

 

 

最強カーチャン、ヒットはいつ来るのか

 こんにちは。母、シニア婚活するのお時間です。

 

聞くところによると最強カーチャンは順調に何度かお見合いを済ませたようですが、
どうやら全部NGを出しているようです。大丈夫か。

夫もこれには「仮交際ゼロでしょ…?強気だね…」とコメント。お前が言うな

カウンセラーさんも荒馬の扱いに戸惑っているとかわいそうなので、
ざっくりとこれまでのお見合いについて、どうしてNGだったのか聞いてみました。

 

(複数人を総合しています)

鼻をすするのが不快だった。
・主要駅までチャリで30分かけて行っているというのにドン引きした。
車ないとかマジダサい。
・家が一軒家(※最強カーチャンはマンション至上主義)
親が生きてる
・会ってみたらなんか貧乏そうだった。

 

ざ、財産しか見てないやつだこれ!!!!

シニアの婚活ってこんな感じなんでしょうか…。私の見解としてはその親が生きてるとかチャリで30分とか貧乏そう(まあでもシニア婚活で貧乏そうというのはかなりダメな気もする)くらいの人であれば、お見合いの話の内容が合うかどうかなどにもよりますがとりあえずはOKして仮交際してみてもいいのかなと思うんですが…っていうかあなたも親まだ生きてますからね!!??

まあ、今週?来週?あたりが本命の方とのお見合いとのことなので、そこまで様子を見ようと思います。

これでカーチャンOKお相手NGだったらプギャーですが、するっとOK取ってきちゃいそうなところが最強カーチャンが最強たるゆえんです。

 

なお夫に「お見合いでうまくいくために一番重要なことってなんだと思う?」と聞いてみたところ、「妥協は大事だけど妥協しすぎないこと」とのことなのである程度のコダワリは持ってていいのかもしれません……。

普段実生活でお見合いのことについて話せる人がいなかったので、特に自分のことではなく外野でやいのやいの言える・言いあえる人がいるのはちょっと楽しかったりします。